バンコク、プーケット、チェンマイは外国人が非常に多い観光地です。本場タイ料理はもちろん、
至るところに日本、中華、韓国、ベトナム、イタリアン、フレンチ、インド料理などのお店があります。
バンコクのスクンビット地区には数百軒の日本料理店があり、そのほとんどは日本人が経営しています。


 

屋台

一般的なタイ人の食事は屋台が基本です。
自炊をするよりも屋台で買った方が安いし、美味しいというのが理由です。
そのため屋台はタイ全国のいたるところで見かけることができます。
1番多いのはタイ風ラーメン(クイッティアオ)店、ご飯+おかずのお店です。
1食約約100円。
但し、日本に比べるととても不衛生ですのでお腹の弱い方は食あたり、
下痢などにご注意ください。


フードコート(クーポン制レストラン)

タイ語を話せなくても指さすだけで注文できるのでおすすめです。
ショッピングセンターやデパート、商業施設にほとんどといっていいほど
このフードコートがあります。
料理の内容は屋台とほぼ同じですが、屋台に比べると衛生的。1食約120円。
まず最初にクーポン窓口でクーポン券またはカードを購入し、
自分の好きな食べ物を指さしてクーポンを渡します。
余った食券(カード)はクーポン窓口で換金できます。


日本食レストラン

タイにはたくさんの日本食レストランがあり、
全国に約6000店舗あると言われています。
種類も一般的な定食屋、居酒屋だけでなく、とんかつ、寿司、カレー、
焼き肉、ラーメン、おでん、鰻など専門店もあります。

中でもバンコクの日本料理はレベルが高く、日本と変わりません。
日本人が自ら経営、調理しているお店も多く、
食べたいものがなくて困ることはありません。
料金設定は日本と変わりませんが、タイの物価から比べると高いですので
生活コストを低く抑えたい方には不向きです。

日本から進出している主なレストラン

● 大戸屋(定食)
● やよい軒(定食)
● 銀だこ(タコ焼き)
● coco一番カレー
● 大勝軒(つけ麺)
● つじ田(つけ麺)
● 桂花ラーメン(熊本ラーメン)
● リンガーハット(長崎ちゃんぽん)

ほか多数。


ファストフード

日本と同じように「マクドナルド」「バーガーキング」「KFC」
「スターバックス」などはタイ全国どこにでもあります。

最近は日本の「モスバーガー」も進出し、
お店の前にはタイ人客の行列ができています。


お気軽にお問い合わせください。0120-961-181受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]