タイには巨大な総合病院が多く、特にバンコクは居住している日本人や観光客が多いため、
日本人スタッフまたは日本語通訳が常駐している病院も多数あります。
タイのトップクラスの病院はタイ証券市場に上場していることもあり、最新の設備が揃っています。
また、メディカルツアーの受け入れ先として世界中から患者を受け入れており、
日本からも多数の方が治療目的でタイを訪れています。

バンコクの日本語が通じる病院 

サミティウェート病院 

      

● 日系企業の駐在員が多く居住しているスクンビット地区にあります。
● 病院の中はまるでホテルのようで、スターバックスカフェやフードコートなどもあります。
● 日本人対応には非常に力を入れており、日本人および日本語通訳、日本語を話せる医師も多数在籍。
● ロビー(待合室)には常時多数の日本人がいます。ミネラルウォーター、読売新聞など完備されています。
● 技術レベルの高い医療をより安く受けられるため、日本から治療をを受けにくる方も少なくありません。
● 各種海外旅行傷害保険のキャッシュレスサービスが受けられます。

バムルンラート病院

      
● 日系企業の駐在員が多く居住しているスクンビット地区にあります。
● ホテルのような豪華な施設で病院内にはマクドナルドや日本食レストランもあります。
● 日本語通訳や日本語を話せる医師も多数います。
● アラブや近隣諸国から治療に訪れる外国人患者も多数。
● 世界のメディカルツーリスト年間200万人のうち、60万人が当病院にて治療を受けています。
● 各種海外旅行傷害保険のキャッシュレスサービスが受けられます。
● 日本の病院関係者が多数視察に訪れることでも有名です。

バンコク病院
● 地下鉄ペッブリ―駅から車で約10分の所にあります。
● 海外で教育を受けた医師・看護婦たちによる国際的に最高水準の医療サービス。
● 12の専門診療センターがあり、24時間体制での手術が可能です。
● JMS (ジャパン・メデイカル・サービス)日本人専用のクリニックを設置しています。
● 日本語通訳が 24 時間院内に常駐しています。
● 外国人専用病棟(個室)をご用意しています。(日本食、 NHK 衛星放送完備)
● 主要な海外旅行傷害保険をお使い頂けます。