外国人が日本で就職する場合、日本特有の就職活動を理解するのは難しい上、外国人を採用している企業を見分けること、自分の国の人材を本当に必要としているのかなどを見極めないと無駄な労力が増え、結果失敗に終わるケースがほとんどです。

外国人が日本で就職活動する上で知っておくべきこと

  1. 外国人を採用しているかどうか
    一部の大手企業、サービス業等を除き、日本ではまだまだ外国人採用が遅れている企業がほとんどです。
    実際は東南アジア人材の採用を希望している企業は多いのですが、在留資格取得や教育など慣れていないことが原因で採用に踏み切れない企業も多々あります。
  2. 自分の国の人材を必要としているか
    外国人採用を希望する企業でもどの国の人材でも採用するというわけではありません。
    最終面接まで進んでも採用の段階になって国籍を理由に不採用になることも多く見受けられます。
    企業側が母国に進出している、進出予定だ、ビジネス先として具体的に考えているなど、企業の方向性も研究する必要があります。
  3. 企業情報(事業内容、職種、ブラック企業でないか等)
    就職できればどの会社でも良いというわけではありません。希望しない事業内容、職種の企業に就職すると就職後に後悔することになります。また採用してくれた企業に対しても迷惑をかけることになるので、しっかち企業情報を入手する必要があります。

  4. 雇用条件
    給与、待遇などは入社前に書面でしっかりとやり取りをしないと、就職後にトラブルになるケースがあります。
  5. 在留許可の有無
    外国人の採用に慣れた一部企業を除き、ほとんどの企業が外国人の在留許可に関する手続きや情報をもっていません。在留許可のための手続きをやってもらえるのかしっかり確認する必要があります。

 

当社なら上記のすべてをあなたに代わってサポートします。もちろん費用は一切かかりません。

 

 

エントリーフォーム03-6272-9651平日10:00-21:00 土曜10:00-18:00 日・祝日休業

エントリーフォーム就職・転職希望者はこちらからご登録下さい