タイの基本情報|タイ留学/ロングステイ専門店
TOPページ | サポート内容 | お申込方法 | 体験談 | よくある質問Q&A | 会社案内

無料資料ご請求
お申込み

 タイカービング留学
 
タイマッサージ留学
 ロングステイ体験

 帰国後の体験談
 よくある質問Q&A
 タイの基本情報
 パスポート・ビザ
 宿泊先
 食事
 ショッピング
 移動手段
 お金・両替
 日本語の通じる病院

ゴーウェル株式会社 会社概要
東京ご相談ルーム
飯田橋駅からの道順



タイ国政府観光庁




































































 ビザについての詳細はパスポート・ビザのページへ

タイの入国の際には30日以内の滞在は「パスポート」、31日以上の滞在は「パスポートとビザ」が必要です。

~入国の流れ~

 機内で配られる「出入国カード」に必要事項をローマ字でご記入下さい。

 到着後「immigration(入国審査)」へ進み、列に並んで下さい。

 ご自分の番がきたら、「出入国カード」「パスポート」「帰りの航空券」を係員に渡します。
  不備がない限り質問されることはなく、パスポートに入国スタンプを押してくれます。

 大型電光掲示板で「自分の乗ってきたフライトナンバー」の荷物受取場所番号を確認し、
  番号のターンテーブルで預けた荷物がでてくるのを待ちます。

 荷物を受け取ったら「税関」へ。緑ランプの「NOTHING TO DECLARE(申告無し)」を通過してください。
  場合によっては荷物をX線検査されることもあります。
  何か申告するものがある方は赤ランプの「GOODS TO DECLARE(申告)」で関税を支払います。

 入国ロビーにでると大勢のタイ人が勧誘をするために待ち構えていて驚くかもしれませんが、
  「当社の集合場所(※ご出発前に地図をお渡しします)」へ向かって下さい。
  集合場所では「お客様の専属日本語ガイド」がお待ちしています。
  ガイドの案内に従い、お客様専用の車(9人乗りバン)に乗って宿泊先へ向かいます。
  何かご質問等ありましたら車中で「専属日本語ガイド」へご質問下さい。
  「ガイドの携帯番号」をお知らせしますので、滞在中もお気軽に電話でご質問ください。





日本より2時間遅れ。
日本が午前10時だとタイは午前8時となります。





国土のほぼ全域が熱帯気候ですので年間を通して暑いのが特徴です。
基本的に夏服ですが、交通機関やデパート、レストランなど冷房が効きすぎているところも多いので
薄手の長袖を持っていくと便利です。

月別最高気温・最低気温
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
最高気温
33
34
34
36
35
33
33
33
33
32
33
32
最低気温
24
24
26
27
26
26
25
25
25
24
25
24
最高気温
33
34
34
34
33
33
32
32
31
31
31
31
最低気温
24
24
25
26
25
25
24
23
24
24
24
24
最高気温
24
26
28
31
30
31
29
28
28
27
26
25
最低気温
19
21
25
26
25
27
26
26
25
25
22
19





公用語はタイ語。
観光客が集まるホテルやお店では英語も通じますが、それ以外はタイ語のみ。



 詳細はお金・両替のページへ

通過単位はバーツ(B)。1B=約3円(2016年9月現在)



 詳細は食事のページへ

タイ料理は「甘い」「酸っぱい」「辛い」が強いのが特徴で、世界を代表する料理の1つです。
日本で1品1000円ほどのタイ料理を100円程度で食べることができます。
また、日本料理店も至るところにあり、バンコクには1000店以上あると言われています。
他にも「韓国料理」「中華料理」「イタリアン」「フレンチ」など多数あります。



 詳細は移動手段のページへ

バンコクはスカイトレイン(BTS)や地下鉄(MRT)があるので言葉の心配がなく、安心です。
その他の地域では交通機関を利用する際「タイ語」か「片言の英語」で行き先を伝える必要があります。



 詳細は電話・インターネットのページへ

ほとんどのタイ人が携帯電話を所有しています。日本同様、iPhoneなどのスマートフォンも普及しています。

日本の携帯を持っていく場合、国際ローミング対応の携帯であればタイ国内でも通じますが、
非常に高額です。発信だけでなく、電話やメールを受信するだけでも課金されます。
日本の出発空港でWifi をレンタルし、LINEなどの無料通話アプリで連絡をとることをおすすめします。



 詳細は日本語の通じる病院の紹介ページへ

バンコクには「日本語の通じる病院」が多数あります。
タイ人の日本語通訳だけでなく、日本人通訳、日本人医師が勤務している病院も多数。
タイの総合病院は上場しているところが多く、潤沢な資金で世界中から優秀な医師、機器を集めています。
また、病院の建物も日本よりも進んでおり、高級ホテル並みのところも少なくありません。
看護婦の数も多く、患者1名に対し1名の看護婦がつき、ほとんどが英語を話せます。
日本だと患者1名につき7~10名の看護婦ですのでサービスの差は歴然としています。
世界中のメディカルツーリスト(海外で治療を受ける患者)約600万人のうち、約200万人が
タイを選んでおり、世界中から評価されています。特に欧米、中東から人気があります。
日本からの患者、要介護者も近年急激に増えています。




          
資料請求


 

TOPページ
サポート内容
お申込方法
無料資料ダウンロード
お申込フォーム
 タイカービング留学
 タイマッサージ留学
 ロングステイ体験

タイの基本情報
留学後の体験談
よくある質問Q&A
パスポート・ビザ
宿泊先
食事
ショッピング
移動手段
お金・両替
日本語の通じる病院
会社案内
約款・キャンセル
個人情報保護方針
リンク集
タイ留学専門センターTOP